スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

求める心

会社のカレンダーの言葉。

---------------------------------------------------------------------------
「人に求める心は、己が到らぬ反映」

他人の欠点や短所は、己の姿である。
他人を変えようとせず、自らを修正すれば、人間関係は潤滑油を得たように好転し始める。
----------------------------------------------------------------------------

以前、あるトーク番組で武田鉄矢氏がこんな事を言ってました。

「あなたの奥さんに対する不満や言いたい事を思いっきり言えるだけ言ってみてください。」

(質問された人は、妻への不満等をあれこれ沢山言ってました)

「はい。沢山出ましたけど、その言ってる内容全てがあなたの姿・あなたそのものを言っているのです。」

と。


・自分が見えていない。

・自分に気づいていない。

・他人が全て悪いと思っている。

それに気づき、自らを修正していけば、相手は分ってくれる・・・

そういう意味でしょうか。



しかし、

今はそれは本当なのだろうかと疑問を抱いています。

夜間の仕事で

「サボリ癖」の非常に大きな人がいます。

・言っても聞かない(理解していない)

・指示通り動かない

・適当な仕事振りで責任を果たしていない

・早く終わってサボってる

何とか真面目に仕事してもらえないかと思い、仲間と一緒に見本となるような仕事をしてるつもりなのですが、一向に関心なし・聞く耳持たず。

いつか分ってもらえる日は来るのだろうか・・・と半ば諦めてます。

このまま放置するとドンドンつけ上がってきます。


こんな時、以前書き込みしました「性善説」「性悪説」を考えます。

その人にも「人の役に立ちたい」という善の心があるのか

「面倒だから仕事したくない・サボりたい」という悪の心だけなのか

はたまた「性弱説」の考え方で

「仕事しないといけない気持ちはあるけど、やっぱ面倒だから・・・」

と弱い一面が出てるのか???


いつかは分ってくれる事を信じて毎日積み重ねていくべきなのでしょうか・・・

スポンサーサイト

四つの信念

孔子の言葉に

『四をもって教う。文、行、忠、信。』

長い人生を生きるうえで、この四つの信念・理念を大切にしていけば、まず間違いなく幸福な生活を送る事が出来る。 と説いています。


【文】:教養・知識。仕事以外の時間に本を読んだり、講演会などに出席して自己啓発をしていく事が大切。
    また、「礼儀作法」という意味も含み、教養ある人物は、自然に礼儀正しくなっていく。

【行】:行動。知識だけを蓄える「頭でっかち」になってはいけない。
    知識は行動を伴わないと何の役にも立たない。

【忠】:人のために役に立つという意味。知識を蓄える事も、行動する事も、自分の個人的な都合からのもの
    であってはならない。
    それは、人のために献身するものでなければ意味がない。

【信】:信念を持つ。「これをやり遂げるんだ。何が何でもやるんだ。」という強い意志を持つ事が大切。


これを踏まえた言葉に

「難きかな恒あること」(かたきかなつねあること)という言葉を孔子は言っています。


簡単な言葉にしますと

「筋道の通った生き方をする」

ということになります。 



『文、行、忠、信』。

バランスよく兼ね備わる生き方を心がけたいものです。

性善説と性悪説

仏教とは直接関係ないかもしれませんが、

中国古典ではこのような考え方があります。



『性善説と性悪説』

性善説とは、「人間の本性は基本的に善であるとする倫理学・道徳学説」。

人間の心の奥底の本心は「善」である とする考え方。
中国の思想家「孟子」が唱えた考えです。


性悪説とは、「人間の本性は基本的に悪であるとする倫理学・道徳学説」。

人間の心の奥底の本心は「悪」である とする考え方。
中国の思想家「荀子」が孟子の性善説に反対して唱えた考えです。

注:この「悪」とは、現代の「悪」とは違い、人間が美しいものを見ようとしたり空腹感を覚えたり安楽を望もうとしたりするという自然な欲望のことです。


人は常に「楽」を求める生き物だが、
心の奥底には「善」。つまり、人の役に立ちたいとか、世の中を良くしていきたいという良き心があるはず。

どちらの思想を支持するかは自由ですが、私は人の心は「善」だと信じたい。

また、人の心は「善」だと思えるように自分自身も行動していかなくてはいけません。

プロフィール

zyuugan

Author:zyuugan
釋 重願

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。