スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心で思う悪

今日は「心で思う三つの悪」について書いてみたいと思います。

人が社会生活の中で、注意しなければならない心の動きが
「心の三善戒」です。

一つめは
「不慳貧」(ふけんどん)。貧欲とも言います。
慳はケチケチする事、貧は[むさぼる]と読みますので、要は欲張りの事です。
イッパイ食べたい (食欲)
金が沢山欲しい (財欲)
女が欲しい (色欲)
名誉が欲しい (名誉欲)
いつまでも寝ていたい(睡眠欲)

ケチで欲張りの人は無愛想ですから「つっけんどんな人」と言います。

二つめは
「不瞋恚」(ふしんに)
怒りの心の事です。
[可愛さあまって憎さ百倍]と聞くと、恨み骨髄に徹して、怒りの形相もの凄く目を怒らせている姿を想像します。これを「悪鬼の相」と言います。
美しい柔和な相は、優しい心から生まれます。
常に優しい面持ちでいたいものですね。

三つめは
「不邪見」(ふじゃけん)
邪見の反対語は[正見]です。間違った物の見方や考え方をしないで、正しい考え方をしなければいけません。
その[正しい考え方]とは、仏教では
「因果の法則」
を知る事です。
[善因善果]いい事をすれば、いい事が返ってきます。
[悪因悪果]悪い事をすれば、悪い事が返ってきます。
[自因自果]今、その結果があるのは、全て自分が原因です。自分で蒔いた種は自分で刈り取らないといけません。

常日頃からの行動にしっかりと責任を持って生活していきたいですね。

仏教では、心の中での悪(例:あんなヤツ死んでしまえばいいのに・・)を思う心は、実際にやったと同じだけの罪(例題でいうと、殺人罪)になります。
悪を思う心は実際に行動に出てしまう発端でもあります。それほど心で思う悪は恐ろしいものなのです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zyuugan

Author:zyuugan
釋 重願

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。