スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でも、結局のところは・・・

いろいろと「般若心経」の教えの事を書き込みましたが・・・

「六波羅蜜」
「色即是空」
「十善戒」
など、「自らを厳しく律して生活しなさい」という教えのように聞こえます。

確かにいい事言ってますし、まさにその通りだと納得も出来ます。


しかし、厳しく律して生活を遂行出来る人はどれだけいるのでしょう???

人間は煩悩の塊。どれだけ「そのように生きよう」と思っていても忘れてしまい、ついつい自分の奥底に眠っている『本性』(怒り・妬み・恨み等)が出てきてしまいます。

わが宗派「浄土真宗」の宗祖『親鸞聖人』でさえ、厳しい比叡での修行を重ねても自力での悟りの境地には到達出来なかった。
親鸞聖人は自力仏教では救われなかった。

聖人は比叡を下りて「法然上人」と出会い、阿弥陀仏によって救われたが、我々凡夫はやはり自力では悟の境地には入れず、阿弥陀仏(他力)の力によって救われないといけない身なのだとつくづく思う。



先日の特別伝道教習での教義の中で

『思ってはいけない事、言ってはいけないような事。しない方がいいですが、してしまうのが人間。
してしまっても良い。ただ、「あぁ・・そういう過ちを犯してしまう我が身であった」と気づく事が大切だ。』

との言葉がありました。

その中の「気づく事」が私は最も重要な事だと感じました。

そういう自分だったと気づく事=(イコール)己を知る事になる。

人は他人の事はよく見える。特に悪い所を。

しかし、自分の事は全く見えていない。

そこが「仏教とはなんぞや?」という疑問の答えの第一歩のように感じた教義でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zyuugan

Author:zyuugan
釋 重願

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。