スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善人と悪人

親鸞聖人のお言葉に

「善人なおもて往生す、いわんや悪人をや」
というお言葉があります。
有名な「悪人正機」説です。

善人すら救われるのだから、悪人はいうにおよばない。

私達はいい事をしたりすると心のどこかに
「やってあげたのだから・・・」
などと、心のどこかに見返りを求めています。
これが善人の正体。つまり
「偽善者」です。

心のどこかで見返りを求めている。

お返しが無かったら
「やってあげたのに」と、腹を立てる。

善をなしたと善に誇っている善人よりも、
深くわが身の悪を自覚した悪人こそが、
弥陀にすがるしかない身なんだと自覚できる人であり、
往生の正因なんだと親鸞聖人は仰っておられます。


「浄土真宗に帰すれども真実の心はありがたし虚仮不実のわが身にて清浄の心もさらになし」

親鸞聖人は
清らかといえる心もまったく無いと嘆いておられます。
地獄に落ちるしか行きようのない身なんだという自覚に立たれたわけです。

そこが浄土真宗の根源である考え方なのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zyuugan

Author:zyuugan
釋 重願

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。